ベンツの中古は案外安いって本当?

輸入車として人気のベンツは、高級志向としている方においては憧れの車としている人も多いのではないでしょうか。そこでベンツ中古車は、安く購入することができるのか気になるところでもあります。

 

ベンツ中古車はリスクが大きい

 

輸入車のリスクは新車、中古車ともに維持費が高いことがあげられます。そして中古車ベンツもまた意外と安い販売価格としていることも知られています。もちろん年式やグレードにもよりますが、5年落ちとなれば新車購入価格の10分の1程での販売としているとこが多くあります。

 

そこでベンツの中古車を購入するということは、リスクを背負うことも考えなければならないようです。メルセデスケア3年が切れる前に手放す人が多く、保証が切れているため故障による修理代は高額となり、基幹部品に障害を起こさないためにも定期的な交感が必要となります。

 

本当のお金持ちは中古車は購入しない?

 

高級車メルセデスベンツの魅力は、新型に乗るこそがステータスとしています。そのためお金持ちは新車で、古い年式、中古車に乗っている人はそれ程お金を持っている人ではないようです。その中にはこだわりの年式、グレードとしての価値として購入する人もいますので一概には言えませんが・・・。しかしお金持ちや法人の税金対策として新車ベンツを購入しては、数年後には新たに新車買い替えとして売却する人が多くいるのも現状としています。

 

そのためベンツ中古車は需要よりも供給の方が上回っており、どうしても高級車ベンツの新車は高額とするもの売却する際には安く値が下がってしまうのは致し方ないようです。また需要が少ないためベンツ中古車は、年式、グレードにより安く購入することが可能で高収入としていなくても手が届く金額としています。

 

輸入車は壊れやすい?

 

外車は壊れやすいという概念としている人も多いようですが、メルセデスは20年程前から壊れにくくなっています。そのためそれ程度々故障してしまうことはありませんが、1回の修理費が高額となってしまい100万とすることもあるようです。また部品の劣化が激しく、国産車のように10万km以上でも安心して乗ることができないのが欠点としています。